So-net無料ブログ作成

かもめ食堂 感想 その2 [Movie]

未だ余韻が残ってます@かもめ食堂

映画を見終えた時に、プログラムと、原作本とサントラも買ってきました。

可愛いでしょー♪@プログラム→

映画はもちろん、中に載っている写真も、とっても綺麗なので、写真好きの人にも楽しめるんじゃないのかな?

原作は、個人的な意見だけど、映画を見てから読んだ方が面白いかも。映画を見てから、サチエ達の心の中をあとで原作で知るっていう方が、また面白さ倍増な気がします。途中映画と違う事があったりするけど、これがまた面白いです。それも映画で見てみたかった気も???

さて、原作を読んでいて、ふと思った事が。

※ちょっと以下ネタバレ含みます。

映画の中で、ガッチャマンの歌詞が出てくるけど、もしかして、あの詩の「白い翼」とこの映画の「かもめ」ってリンクされてるのかな?って。映画自体はとってもほんわかなんだけど、なんとなく、サチエ達の生き方とか見てたら少しそんな事思ったりしました。 全然本当は関係ないのかもしれないけどね(汗)

サントラは、基本的には井上陽水さんの「クレイジーラブ」以外は、とても短い楽曲でしたけど、でも良い感じです。早速iTunesに入れてエンドレス状態です。

陽水さんの歌声がまたこの映画に凄く合ってるんですよね。最後の最後に聴けるんだけど、ホロッときますよ~。

それにしても、いろいろブログとか覗いてみると、この映画、どんどん人気が高まってる様ですね!何ヶ月か前に「神様はサイコロを振らない」と一緒に映画の宣伝をやっていた番組があったんだけど、あれなんとか編集して見せてくれないかなー。今更録画してなかった事を悔やんでます(苦笑)

さて、この原作読み終えたら、「スープ・オペラ」をまだ第一章を読んだまま中途半端になってるので、読み直しまーす。


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(3) 
共通テーマ:日記・雑感

大好きな映画に出逢えた! [Movie]

久々の書き込みです。
あれから、おかげさまで「めまい」というのは治まりました。
が、この症状後、何故か目がとてもしんどくて、困ってます。
ただ偶然度数が変わってしまったか、乱視がひどくなっただけかもしれないけどね。
もう少しお金貯めたら、メガネ屋に行く予定です。

さて!今回は久々に行った映画の話。

見たのは「かもめ食堂」。主役は小林聡美さん。
彼女は、フィンランドで小さい食堂オープンした一人の店主の役で、その店で出会う人達とのふれあいを描いたお話でした。

すごーく、スローペースな雰囲気なんだけど、その空気、台詞の間が絶妙!!
食器が置かれる音や、足音だけでも癒されちゃいました。
そして、もたいまさこさんのキャラがめちゃくちゃ面白かった。
個人的には「アメリ」「ホテルビーナス」「かもめ食堂」は、私の中で飲食店映画ベスト3です!!<他にもうちょっと気の利いた言い方ないのか(汗)

最近見てる映画って、テンポも早く、台詞も入れるだけ入れて、余韻がないっていうか、どんどん場面が変わるみたいな感じのが多いかも…、と見ながら思ったりした。

でも、この映画はその真逆。
コーヒーをゆっくり入れたり、ゆっくり歩いたり、ゆっくり話したり。もうまったりまったりなんだけど、でもそれがとっても心地よかった。

ちょっと疲れ気味の自分だったけど、見終わった時、癒されちゃってストレス解消した気分で、映画館を出た。もう歩くだけで楽しい感じになってた@ちょれー
こんなに気分がいい気持ちになるのはいつぶりだろう?っていう位。
もしかしたら、私も、映画の中のミドリや、マサコと一緒にあの食堂に行っていたのかもしれないなー。

映画館から出る時って、どうしてあの映画の中の空気に浸り過ぎちゃうんだろう?
気持ちがまったりしたまま、地下鉄に乗ったら、混み混みで、みんなが時間に追われてる感じの空気とのギャップが凄くて、ちょっとビックリだった。

とにかく、この映画のテンポが、私にめちゃくちゃ合ってました。これだ、私が理想とする暮らし方ってこれよ!!って感じだった。まーそんな風に生きるのは難しいだろうけどね…。

気持ちがいっぱいいっぱいになってたりして、ストレス抱えてどうしようもない時に見たら、心が洗われる様な気がする映画でした。
もう一回見たいなぁー。気が早いけど、とにかくDVDが出たら絶対買って、私の癒しグッズにします!
今年のお薦めベスト1かも!


nice!(2)  コメント(4)  トラックバック(3) 
共通テーマ:日記・雑感

シュールだ [Movie]

ちょっと前に購入した茶の味 グッドテイスト・エディション「茶の味」。なかなか見る時間がなかったんだけど。

茶の味 グッドテイスト・エディション

  • 出版社/メーカー: レントラックジャパン
  • 発売日: 2005/02/25
  • メディア: DVD
 
やっと昨日見た。
石井監督の作品は以前にも「PARTY 7」を見てるんだけど。このくっだらなさが妙にはまっちゃったりする。とにかくシュールで。
我修院さんのおじいキャラ凄いです。こんなじいさんいないよと一瞬思うけど、いや、いるかもな…って思ってしまうのが石井ワールドなのかな。たぶん凄い好きな人と全然だめな人と真っ二つに分かれる気がする作品かな。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。